液体充填機の総合メディア » 液体充填機メーカーの企業情報 » 株式会社サイレック

株式会社サイレック

株式会社サイレックは、川崎市にある充填後の容器のキャップを閉める機械・キャッパーの専門メーカーです。
液体充填機についてはどのような製品を扱っているのか等、ここでは実際の製品の紹介と会社の特徴を紹介します。

株式会社サイレックの主な液体充填機

定量充填機 SF-1 SF-2

定量充填機 SF-1 SF-2
引用元:株式会社サイレック公式HP(http://www.sylec.net/03.html

定量充填機のSF-1は縦型、SF-2は横型です。
充填量・充填時間、そしてチェックバルブのコントロールなどを品種ごとに記憶する機能があります。
また、駆動はサーボモーターによるもので、充填量の数値設定も可能です。
その他、シリンダやピストンヘッドなどを簡単に交換することができ、チェックバルブ付きノズルも取り付け可能です。

計量方式 (記載なし)
充填容器 (記載なし)
充填温度 (記載なし)
本体サイズ (記載なし)
用途 (記載なし)

【PR】食品の液体充填に最適な
クボタ計装のロングノズル充填機を見る

液体充填ライン

液体充填ライン
引用元:株式会社サイレック公式HP(http://www.sylec.net/03.html

株式会社サイレックが提供している液体充填ラインでは、充填機に取り扱いが容易なチューブ蠕動型を採用しています。
大きな特徴として治具の交換なしに数多くの品種に対応できるため、切り替え時間の短いことが挙げられます。
キャッパーはノーマル・ポンプ・ヒンジ・トリガーキャップなどに対応するベルト巻き締め式となっています。

計量方式 (記載なし)
充填容器 (記載なし)
充填温度 (記載なし)
本体サイズ (記載なし)
用途 (記載なし)

株式会社サイレックのサポート・アフターフォロー

(公式HPにサポートやアフターフォローに関する記載が見つかりませんでした)

用途別で比較!
おすすめの液体充填機を見る

株式会社サイレックの特徴

状況に応じた小回りの良いサービスを提供

株式会社サイレックでは、顧客の要望に合わせたキャッパーのほか、充填機・打栓機、包装機械関連の設計や製作などを手がけています。
充填機に関しては自動充填からのキャッピングや、サーボ式充填機に対応しており、機械はもちろん液体充填ラインの提供も行っています。
そのサービスの特徴は状況に応じた小回り良さにあります。信頼に応えたいという株式会社サイレックの姿勢が表れています。

株式会社サイレックの企業情報

株式会社サイレック公式HP
引用元:株式会社サイレック公式HP
http://www.sylec.net/

【用途別】 おすすめの液体充填機
メーカー3選 詳しくはこちら

【用途別】おすすめ液体充填機メーカー3社
液体充填機を選ぶなら、自社の商材・導入目的に適したものを選ぶ必要があります。ここでは、液体充填機を取り扱う各社を調査(2021年9月時点)した中から、用途別におすすめの液体充填機メーカー3社を紹介します。
防爆エリアでも使用できる
液体充填機なら
クボタ計装
クボタ計装
クボタ計装の特徴

拠点数の多さと手厚いサポート

防爆と計量の精度

特徴や導入事例を見る

公式HPで
問い合わせる

食品を取り扱う工場でも
大阪屋なら安心
大坂屋
大坂屋
大坂屋の特徴

さまざまな食品に対応

徹底した衛生管理

特徴や導入事例を見る

公式HPで
問い合わせる

省スペースで充填する工場でも
ナオミなら安心
ナオミ
ナオミ
ナオミの特徴

小型充填機と言えばの知名度

カスタマイズ可能なノズル

特徴や導入事例を見る

公式HPで
問い合わせる

※各社公式HPの2021年9月時点での記載情報をもとに用途別に下記基準にて選定
  工業用:危険物にも対応した防爆仕様で全自動・半自動充填機を取り扱う営業拠点数の最も多い会社(クボタ公式HP参照:https://scale.kubota.co.jp/fillingmachine/)
  食品用:食品専門で外部の検査機関への菌検査依頼への対応を明記している会社(大阪屋公式HP参照:https://www.osaka-ya.com/quality/)
  卓上用:小型充填機の導入実績5,000台以上を明記している会社(ナオミ公式HP参照:https://www.naomi.co.jp/strength/)

液体充填機メーカーおすすめ3選