液体充填機の総合メディア » 液体充填機メーカーの企業情報 » 株式会社東京ミュー精器

株式会社東京ミュー精器

株式会社東京ミュー精器は産業用精密計量器の製造と販売を行っている企業です。
液体充填機はどのような機種を扱っているのか、ここでは実際の製品の紹介と会社の特徴、サポートやアフターフォローについて取り上げています。

株式会社東京ミュー精器の主な液体充填機

液体充填機 セミオートフィラー MAF-30S

液体充填機 セミオートフィラー MAF-30S
引用元:株式会社東京ミュー精器公式HP(https://tokyomu.com/weighing/maf

大口径・小口径を一体化させたデュアル弁により、高い精度で充填を行える簡易型の充填機です。
高精度である理由は、ロードセル式計量器と電子台帳の選定による充填を採用しているためです。また、充填バルブは3段階供給制御によって点滴充填にも対応しています。
計量コントローラーが搭載されており、パソコンと接続して計量記録のデータを取得できるという強みがあります。

計量方式 ロードセル式
充填容器 (記載なし)
充填温度 (記載なし)
本体サイズ 公式HPに外形図の掲載あり
用途 (記載なし)

株式会社東京ミュー精器のサポート・アフターフォロー

株式会社東京ミュー精器では保守サービスを行っています。

修理事業

次のような計量・計測機器の修理業務が実施されています。

定期検査サービスと各種証明書発行

事業所や工場で使われている計量器などは、使用状況を確認後、定期検査が行われています。
定期検査が終わると検査成績書とトレサビリティ書類(体系図)が提出されます。

用途別で比較!
おすすめの液体充填機を見る

株式会社東京ミュー精器の特徴

一括管理体制の保守サービス

株式会社東京ミュー精器は計量器システムの保守サービスを行っており、サポートの手厚いことが特徴です。修理事業・定期検査に加え、購入・検査への証明書発行なども受けられます。
特に事業所や工場などで複数の製品・機器を取り扱っている場合、それぞれのメーカーに点検を依頼していると、その管理だけでも複雑になってしまいます。
株式会社東京ミュー精器であれば一括管理体制の保守サービスとなっているために便利です。

「正確さ」や「耐久性」などの品質管理を徹底

計量に関わる機器を扱っていることから、株式会社東京ミュー精器では「正確さ」へと、製造・メンテナンスの両方で厳しい目を持っています。また、長期間にわたって稼働する製品・機器を多く取り扱っていることから高い耐久性にもこだわっています。

株式会社東京ミュー精器の企業情報

株式会社東京ミュー精器公式HP
引用元:株式会社東京ミュー精器公式HP
https://tokyomu.com/

【用途別】 おすすめの液体充填機
メーカー3選 詳しくはこちら

【用途別】おすすめ液体充填機メーカー3社
液体充填機を選ぶなら、自社の商材・導入目的に適したものを選ぶ必要があります。ここでは、液体充填機を取り扱う各社を調査(2021年9月時点)した中から、用途別におすすめの液体充填機メーカー3社を紹介します。
防爆エリアでも使用できる
液体充填機なら
クボタ計装
クボタ計装
クボタ計装の特徴

拠点数の多さと手厚いサポート

防爆と計量の精度

特徴や導入事例を見る

公式HPで
問い合わせる

食品を取り扱う工場でも
大阪屋なら安心
大坂屋
大坂屋
大坂屋の特徴

さまざまな食品に対応

徹底した衛生管理

特徴や導入事例を見る

公式HPで
問い合わせる

省スペースで充填する工場でも
ナオミなら安心
ナオミ
ナオミ
ナオミの特徴

小型充填機と言えばの知名度

カスタマイズ可能なノズル

特徴や導入事例を見る

公式HPで
問い合わせる

※各社公式HPの2021年9月時点での記載情報をもとに用途別に下記基準にて選定
  工業用:危険物にも対応した防爆仕様で全自動・半自動充填機を取り扱う営業拠点数の最も多い会社(クボタ公式HP参照:https://scale.kubota.co.jp/fillingmachine/)
  食品用:食品専門で外部の検査機関への菌検査依頼への対応を明記している会社(大阪屋公式HP参照:https://www.osaka-ya.com/quality/)
  卓上用:小型充填機の導入実績5,000台以上を明記している会社(ナオミ公式HP参照:https://www.naomi.co.jp/strength/)

液体充填機メーカーおすすめ3選